保育内容

葛飾若草幼稚園での一日の流れ

通園・保育時間

登園時間

午前8時〜9時
※通園バス利用の場合は別の時間帯になります。

降園時間

・月火木金→午後2時30分
・水   →午後1時30分

※季節と子供の体調を考慮して時間変更があります。

休園日

・土日(※行事によっては土曜日の登園あり)
・祝祭日
・夏季・冬季・春季の各長期休業
・その他幼稚園の指定日など

通園方法

・徒歩通園
・園バス通園(4台)

※ご父兄のご希望に合わせて選択可能です。

園バス

遠方の方のためにマイクロバス4台がお子様を安全に送迎しております。
午前7時50分に出発、バスコース・時刻は各学期毎に変更され、年間を通しての登降時間の平等を図っています。

徒歩通園者

午前8時〜9時までの間に登園をお願いしております。

日常保育

葛飾若草幼稚園の教育は、「遊び」「生活」「課題」の3つの柱で構成されています。
一日保育は、自由保育と設定保育がバランスよく組み込まれており、子供たちの遊びや生活を豊かにするために保育内容やカリキュラムが工夫されています。

自由保育

登園してから設定保育までの時間と、毎月オールフリータイムになる日を数日設け、子供本来の生活である「遊び」を通して、集団の中でのルールの考え方や判断力を養えるようにします。
教える側の教諭も自由な遊びの中で子供と密接に触れ合い、子供たちが生き生きとして楽しい園生活が送れるようにサポートします。「遊び」ながら、さまざまな角度から物事の理解を深めていくための貴重な時間です。

設定保育

園生活1日の約3分の1の時間を割り当て、主として体力作りや知的発育、情操面開発をめざして行われるものです。

  • 農園での野菜収穫およびクッキング保育
  • 田んぼでの稲作り
  • 縦割り保育による異年齢間の交流
  • 体でリズムを表現していくリトミック
  • スポーツクラブの講師による体育遊び
  • 各楽器に触れる音あそび(鼓隊演奏やピアニカも含まれます)
  • 遊びを通しての文字や数量への興味を引き出す工夫
  • オリジナル絵本作りや想像力を豊かにしていく造形あそび
  • 5才児からの茶道への取り組み
  • 外国人講師による体で覚えるキッズ英語(歌、会話、ダンスを交えての楽しいひととき)
  • 「お日さまと仲良くなりましょう!」を合言葉にした園庭遊び
  • 園外保育(ミニ遠足、見学)
上記のようなものを採り入れ、「体を動かすこと」を基礎にした保育を行っています。

また、昨今のさまざまな社会問題や環境問題を子供たちが少しでも理解できるように積極的に採り入れなどの取り組みも平行して行っております。
このような多くの体験学習によって、子供が自らの中に「自分で伸びていく力」を蓄えられるようにサポートしていきます。

費用・補助金について

入園・通園時の費用や補助金についてはこちらのページでご案内しておりますので、ご確認ください。